どこかで春が②

c0356652_19055543.jpg


歌詞と楽譜を調べていました。草川信さんの作曲。
この方の作られた歌は明るくて素直な感じが多いですね。
「ゆりかごのうた」「夕焼け小焼け」などなど・・。
甥御さんの作曲家、草川啓さんもしっかりその作風を受け継いでいると思います。

「どこかで春が」の冒頭「どこかで春が生まれてる」の「れて」は
「れ」が1拍半(付点四分音符)で「て」が半拍[八分音符)なのです。
楽譜に書き起こしているときに3拍(付点二分音符)と1拍(四部音符)かと思いましたが、
それでは間延びした感じだし、幼い頃歌った感じと違う。
かと言って1拍半と半拍では4分の4拍子には収まらない。
調べるうちにその部分はなんと4分の2拍子になっていることを発見(^^)!
よくある拍子の変化。なんてこともないのですが、目からウロコ。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=vqlaVJzhapo


[PR]
by myway2015 | 2015-02-25 19:13