2015年 11月 19日 ( 1 )

c0356652_14101762.jpg



古い帯をかがっていました。
処分してしまおうかとも思ったけれど、軽くてゆるっと結べることに未練があったので。
何度も指をチクリ。
絹糸は指でしごきながら縫わないとすぐにからむし。
不器用で泣けてきそう。

お昼のデザートに少しづつ残っていた
柿と林檎をグラッセにして薄く切ったライムギパンにのせる。
柚子は
(果たしてそんな名称があるかどうか知らないけれど)
ユズネードに。
柑橘系の香りは心を爽やかにしてくれる。
ホントに「ほっとひといき」。


帯をかがりながら考えた事。

「沈黙は金なり・お口にチャック」は大事だと・・。

あのひとことがなければ、あれをぐっと心にこらえていたら・・
と後悔することが何度あっただろう。
失敗は数限りなく・・
無口な女性はひとつのあこがれ。
でも
さらに思考を進めてみたら
口に出しても出さなくても大勢に影響は無かったかもしれないの。
遅かれ早かれ後悔の連続です。

なまあたたかい11月。
春ではないけど中也の詩を思い出します。

                              「春宵感懐」       中原中也

 
                          雨が、あがって、風が吹く。
                          雲が、流れる、月かくす。
                          みなさん、今夜は、春の宵(よい)。
                          なまあったかい、風が吹く。

                          なんだか、深い、溜息(ためいき)が、
                          なんだかはるかな、幻想が、
                          湧(わ)くけど、それは、掴(つか)めない。
                          誰にも、それは、語れない。

                          誰にも、それは、語れない
                          ことだけれども、それこそが、
                          いのちだろうじゃないですか、
                          けれども、それは、示(あ)かせない……

                          かくて、人間、ひとりびとり、
                          こころで感じて、顔見合(かおみあわ)せれば
                          にっこり笑うというほどの
                          ことして、一生、過ぎるんですねえ

                          雨が、あがって、風が吹く。
                          雲が、流れる、月かくす。
                          みなさん、今夜は、春の宵。
                          なまあったかい、風が吹く。





[PR]
by myway2015 | 2015-11-19 14:12